囲碁クエスト、13路の大会をはじめとして13路が流行りつつあります。
その一方で19路の上達を考えた時に、13路が妨げになるという考え方があります。
それは碁盤の小ささゆえに19路より内容が凝縮され、その内容を拾い切る事が出来ないからです。

また、13路と19路は感覚が全く違います。
一例ですが、下辺が下記の様な「ツケヒキ定石」で収まった時、
白8が「ヒラキ」と「空き隅」を兼ねているので白の効率が良過ぎます。
tsukehiki

それでも私が13路を打つ理由は以下の通りです。
・限られた時間で局数をこなせる。
  不定期で朝囲碁を開催しています。限られた時間の中で19路を1局打って1人と
  交流するより、13路を2-3局打って多くの人と交流したいです。
・局所の練習になる。
  19路と違い全体を使った折衝は限定されますが、
  9路よりも広くて特定の打ち方に左右されないような、
  部分での折衝を中心とした練習になります。
・13路も楽しい。
  19路の楽しさとは異なる楽しさがあり、やはり13路も楽しいです。

朝囲碁では上述の通り交流を優先するので、以下の考え方で対応します。
・はじめての方
 囲碁をやったことない方でも大丈夫です。
  石の取り方、陣地の取り方を学んで、一緒に囲碁を打てるようになりましょう。
・初心者(ルールを知っているレベル)の方
  最初に重要になってくる「石の形」を実際に手を使って学びましょう。
  有段者相手に4子局で勝てたら卒業とします。
・級位者~有段者(五段まで)の方
  実際に打って楽しみながら、「13路らしさ」を感じ、意見交換してみましょう。
  19路を上達したい場合は、朝囲碁以外の環境もご紹介します。
・有段者~高段者の方
 13路を使って、初心者・級位者の方に教えてみましょう。
  教える事が自分の学びにもなります。
  そして、13路で出来る事、出来ない事をみんなで探してみましょう。

朝囲碁をひとつの出会いのきっかけとして、
みんなで囲碁を楽しむことをモットーに一度横浜の朝囲碁に来てみてはいかがでしょうか。
お待ちしております。